みかわの山に天文台を建てたいと20年間、活動を行って来ました。
天文台に適した場所を決めるために光害をのがれながら、寝袋を持って冬山に入り10年がかりで探しました。そして地上のきらめく星のような人々のサポートで平成14年5月にNPO法人を設立し、本格的な準備活動ができるようになり、心から感謝の気持ちでいっぱいです。
ようやく観測小屋も完成しました。天文台(ドーム)完成後に収まるレンズも確保しました。ドームへ上がるための道路の工事もやっと始まりました。
多くの人に星を見てほしい、子供たちに自然のすばらしさを感じてほしい、本当の意味での学びを子供たちと一緒に楽しみたいと願っています。
みかわの山では本当にすばらしい星空を見ることができます。
 まだまだ資金も不足しています。寄付金も募っております、さまざまな支援の情報提供もお願いします。是非多くの方々のご協力をお願いいたします。                                         
                                                      
 みかわ天文台 台長 小千田節男

提出者
  〒959-4614
新潟県東蒲原郡三川村五十島字大須郷4816番
台長  小千田節男

企画目的
  車椅子の人でも気軽に登れる天文台を目指します。すみきった星空の星を見てもらい、自然の中でひと時をすごしてもらうことで、身障者や老若男女全ての人に、心の安らぎを提供し、夢と希望を与えたい。
そして、地域の独特な文化の形成に寄与することを目的とします。

企画内容
  一般の子供たち、身障者の子供たちの交流の場として車椅子でも登れるキャンプ場、宿泊施設等を設置し、ひとりでも多くの子供たちに夢や想像力を育んでもらい、自然を宇宙を自分の身体で体感してもらいたい。 事業としては、青少年の情操教育・障害者の支援・天体の調査、研究・情報誌、出版物の発行・各種セミナー、天体観測会・山の生活体験・地域文化形成・生涯学習の支援・自然食品、天然食品の情報提供を進めていきます。
インターネット経由で、遠隔操作を行い、リアルタイムで観測のできるインターネット天文台も計画しています。これにより、学校や家庭、研究所など、どこからでも、観測できるようになります。

予算
  (収支予測) 2,800万円
この天文台設立の整地・道作りにかかる費用、天文台ドーム、重機、その他運営費用などを見込んでの金額です、個人で活動している為、公的予算はまったくありません。企業・個人の方々による寄付を募っております、この趣旨にご賛同してくださる方々の暖かいご支援をよろしくお願いします。

備考
  レンズについて
 正規のルートで製作すれば、膨大な費用がかかるレンズもイギリスのボランティアの人々の厚意により、本来の1/10程の費用で出来上がりました。100枚鋳造して10年放置し、ゆがみの少ないものを1枚だけ選びます。そして、そのレンズを安く作るために、イギリスのボランティアに頼んで、10年かけて磨いてもらいました。そうして20年かけて作られたレンズが、みかわ天文台に3枚準備されています。


copyright(c) 2004
 NPO法人みかわ天文台建設プロジェクト事務局 All Rights Reserved.